橋岡蓮 ’s diary

単なる日記でもなければ、単なるエッセイでもない

都合のいい女

午前中はバタバタだったのだが、昼過ぎに母さんに電話をした。

水曜日、義母と二人きりで食事をする件に関してだ。

結論から話すと、こういうことだ。

 

「やんわりと匂わせるような話し方をしなさい」と。

 

まだまだこれから旦那とひと悶着あるのに、その前に義母に結果報告するのは違うという話。

そりゃそうだ。

ただ、私としては「方向性の違い」くらいの話はしようと思っている。

 

 

母さんにこっぴどく言われたことがある。

それは、アンタが悪いのよ、ということだ。

昭和の女は、一歩間違えれば都合のいい女。

私は、旦那にとって都合のいい女になっているという話。

確かにそう考えたら、こうなってしまったのは私の責任。

まとまった生活費をもらえなくとも、自分で遣り繰りして、古着で満足してしまうところ。

そういうところが、ナメられるとのこと。

再びダメ男を引き寄せないように、今から変わる練習をしなさいと。

 

 

確かに私は昭和の女。

よく言えば古風。

悪く言えば、考え方が古臭いのかも知れない。

特に言われたのは、古着で満足する女なんていないわよ!ということだった。

しかし、古着を買ってくれるだけマシだと思っていた。

美容室へ行く金も出してくれないのは、最初ははてなマークだったが、自分で行くようになった私が悪い。

自分のことは自分で済ませ、旦那に財布を握らせたのはこの私。

だから私のせいでこうなったのだ。

この性質を変えない限り、また他の男と一緒になっても「旦那二号」みたいな男にしてしまう恐れもある。

今のうちによくよく考えた方がいいかも知れない。

 

 

しかし、傍から見れば私の古風なところは、評価される場合もある。

私としては、相手に幸せを味わって欲しくてやっていること。

それなのに結果的には男を駄目にしてしまうのなら、これからは私が主導権を握り、多少厳しくするくらいの方が上手く行くのかも知れない。

その辺、どちらが主導権を握ることになるかは見極める必要がある。

とかなんとか言っているが、全てはきっともう決められていること。

天の導きに乗れるか乗れないかは、私次第。

フットワークだけは軽いのだが、乗り間違えることもあるので気を付けなければならない。

流れに身を任せるしかないんだろう。

 

 

私はダメ男とばかり付き合ってきた経緯がある。

ところがそれは私のせいだと言えば合点が行く。

私からすると、私ごときを好きになってくれた奇特な人。

母性本能が働き、ついつい優しくしてしまう。

でもさ、その間その男達は幸せだったんじゃないのか?って思う。

別れ方は残酷な部分もあったかも知れないが、一緒にいる間は幸せだったのでは?

たぶんこれを言ったら本末転倒。

言ってはならないことかも知れないけれども、男を幸せにしてあげた女はどれだけいるのだろうか。

母さんだって、父さんを幸せにできていないはずだ。

幸せに関して言えば、全責任は男にあるみたいな世の中だが、そうじゃないだろう。

何事もフィフティフィフティ。

ということは、不幸になった女にも原因があるってこと。

悪いが、私は数年間だけでもいいから幸せを味わうぞ!

結局、全ては自己責任。

旦那と上手く行かなかったのは、旦那が悪いのではなく私に非があるということだ。

だけど旦那にとって幸せな三年間を過ごした自負はある。

別れ方は残酷。

それも含めて、私。

笑顔でサヨナラ、でも泣きながらサヨナラするのがベスト。

私は誰かの助手席に座っていて、きっと泣いている。

けれども引越してしまえば、笑っていることだろう。

仮に三日三晩泣いたとしても、別れた方が良い。

あとは私が都合のいい女にならなけりゃいいだけ。

それにしても、「都合のいい女」っていう考え方もどうなん?

私ならいい女と思ってしまうけどなぁ。

傍から見たら都合のいい女になるのか?