橋岡蓮 ’s diary

単なる日記でもなければ、単なるエッセイでもない

血も涙もない

ここまで来ると、やはりソワソワして落ち着かないのが事実。

いざとなったら、お互いにこれで良かったと思い合えるのがベスト。

金も無いのだろうし、私の食費代が浮くだけでもありがたいと思っているかも知れない。

案外私が心配しているほど、相手は私のことなど想ってくれていないものだ。

そう思えば気が楽なんだけどね。

人を憐れむ前に、自分を憐れむ。

そういうことだと思うのだが。

風呂に入りたいのだが、寒すぎて身動きが取れない。

こんな時は、ARBでも聴きながらコートを羽織ったままこれを書いてしまおう。

 

 

旦那の帰宅時間が遅いので、一緒に過ごす時間が短い。

とにかく飯が終わったら、私はさっさとベッドに潜り込むようにしている。

なるべく接点を作らないように、逃げるように寝室へ行く。

幸い、安定剤を飲まなくても朝まで爆睡していられる。

むしろ、起きるのが辛いくらいだ。

きっと寒さのせいだろう。

 

 

ところで、なんでこういう選択に至ったかって、信頼関係を築くことができなかったからだと思う。

本物の男女の信頼関係は、こんなものではないはずだ。

私が知っている限り、間違いなくこんなものではない。

私達夫婦は、信頼関係の「し」の字も築くことができなかった。

それは、旦那に財布を渡した私の責任だと思っている。

最初から失敗だったのだ。

ましてや、私が高給取りだと思って結婚したらしい。

だから、お互いに「こんなはずじゃなかった」という結婚だったのである。

それが誤魔化しながら三年半も続いてしまった。

からしたら、限界だった。

同じように旦那も「終わり」を感じているように思う。

つまり、別れは必然だったということだ。

 

「自立した蓮ちゃんと結婚した」

 

これは、生活費を払いたくない言い訳にしか聞こえない。

医療費も払わない、小遣いも無い、それなのに私が働くことを良しとしない。

自分のテリトリーに置いておきたいわけだ。

その中で遣り繰りして欲しいと思っている。

そんな虫のいい話ってあるか?

だから私は見切りを付けたのだ。

この人とはこれ以上一緒にいても、一つも私のためにならないとね。

前に進めば進むほど、旦那の存在価値はなくなっていく。

最初の頃は情もあったのだが、ぶった斬ることにした。

手続きが全て終わったら、私は旦那の中から姿を消す。

LINEも電話もブロックする。

勿論住所も教えない。

それとも、転出届を出してしまったから、役所へ行けばわかるのか?

まぁいい。

ストーカーになるようなタイプではあるまい。

しかし、陰湿な仕返しみたいなことはするだろう。

そういう人だからね。

わかり易く言えば、嫌がらせをしてくるということだ。

上等だ、やれるもんならやってみろ!

 

 

こうして別れる時に想うのが、やはり夫婦って他人なんだなということだ。

家族だなんて、偽善的に聞こえてしゃあない。

言ってみれば、他人以下。

私が家族ってものを形成できなかっただけに過ぎないが、この旦那では完全に無理。

愛犬が元気だった頃も、不信感半端なかった。

旦那は狂犬病の注射もワクチンもしてあげていなかった。

驚愕の事実を知って、慌てて病院に連れて行ったけれども、まるで私が余計なことをしているかのような目で見ていた。

動物病院はぼったくりだ!とか言って、愛犬の具合が悪くなってもなかなか連れて行かせてくれなかった。

それなのに、愛犬が亡くなったあとでこう言われたのだ。

 

「蓮ちゃんがもち吉を殺した」

 

いやいや、それを言うなら二人の責任だろうが。

それを言われた時点でもう答えは出ていたのだが、ここまで時間が掛かっただけの話。

だから三年半と聞いて短かったと感じる人もいるかも知れないが、私からしたらとてつもなく長かった。

血も涙もない。

私がいなくなってもケロっとしていることだろう。

SNSで彼女探しでもするだろう。

 

私はそういう人だとしか思っていないから決断したのさ。