橋岡蓮 ’s diary

単なる日記でもなければ、単なるエッセイでもない

全てを捨てる覚悟

出先でカフェに寄ってこれを書いている。

ただ煙草が吸いたくて立ち寄っただけなのだが、居心地がいいから長居しようかなと思っている。

アイスコーヒーは、半分以上飲んでしまったのだが。

朝、なかなか起きられなくて、結局ギリギリ。

危なく遅刻しそうになったが、スムーズに辿り着き、スムーズに終わった。

予定がこれしかなかったので、のんびりとこれを書いてから帰ろう。

日高屋へ行ってラーメンを食べるという手もあったのだが、煙草を吸うのが目的だったのでカフェにした。

このカフェにはカレーライスがある。

サンドイッチもある。

しかし、どちらも好みではない。

グリーンカレーなら食べるのだが、普通のカレーはあまり食べない。

しかも五穀米なんて、絶対食べない。

確かに身体には良さそうだが、飲兵衛で五穀米を食べている人を見たことがない。

飲兵衛と一括りにするのは悪いが、健康思考の人は私みたいな飲み方や生き方はしないと思う。

偏見でしかないとは重々承知の上で。

実はアイスコーヒーを飲むようになったのは、ここ一年くらいの話だ。

目が覚めることに気づいたからだ。

ホットコーヒーは、たまに胸焼けしてしまう。

私には濃すぎるようだ。

だから最近は専らアイスコーヒーだ。

特に仕事をしている時はそう決めている。

朝は極めてアメリカンなホットコーヒーを二杯飲む。

ガバガバ水の如く飲む。

そうして、やっと目覚めるのだ。

 

 

ところで、私は実は『ロックンローラー』という小説のために書くこと以外の全てを捨てた。

勿論、それに対して不安がなかったといえば嘘になる。

仕事も、配偶者も、金も、家も、ジムニーも、そう、考えられる何もかもを捨てた。

書くということに全ての労力と運を注ぐためだ。

全てを捨てた暁には、必ず手に入れられるものがあると信じたのだ。

先日、仕事のパートナーがこのようなことを言った。

 

「橋岡蓮さんには、リーダーになって欲しい」

 

当然私は戸惑い、悩み、結局こういう答えを出した。

 

「私にはペンでしか語ることができません。しかも人に指図したり誘導したりすることはできません。私はただ、私の背中を見せることしかできません」

 

そう言って、半分断ったつもりだった。

ところがパートナーはこう答えた。

 

「それを求めています!」

 

だったら、私は自分の生き方や考え方に誇りを持って書き続けると約束した。

その代わり、私の作品の伝導者になってもらいたいと伝え、了承を得た。

なぜなら、彼にとって私の作品の伝導者になることは、一つの使命のように感じたからだ。

それが、生き甲斐や喜びに変わるはずだと確信したのだ。

確信がなければ、私は人に物を頼まない。

伝導者になってもらう代わりに、私は作品を生み出す。

ロックンローラー』以上の作品が書ける自信はまだないが、書き続けていれば上達するということを知ってしまった。

描写も上手くなるし、発想力も増す。

それは、自分でも面白く、笑ってしまうほどだ。

真剣に向き合うことで、快感を得ることができる。

書くことが快感になるなんて思いもしなかった。

とりあえず、先のことは白紙だが、次の作品創りのためにエネルギーを蓄えたい。

まずは、覚悟から。

私が一体何のリーダーになるのかはわからない。

ただ、今を生きる現代人の中で、そう簡単にはできないことをしているという自覚はある。

それは毎日投稿するとか、そんな小さなことではない。

そんなことは、その気になれば誰だってできる。

私が言いたいのは、全てを捨てて一つのことだけに打ち込む覚悟の話。

多くの人は、何かのために全てを捨てることはできない。

どうしても、自分が大切だし、身を守りたいからだ。

ただ、私みたいな生き方もあるんだな、と思って見ていて戴けたらと思う。

全てを捨てたのに、こんなに満たされている理由はただ一つ。

結果を出した。

ただそれだけだ。