橋岡蓮 ’s diary

単なる日記でもなければ、単なるエッセイでもない

敗因

わーい!!!

臨時収入が入ったので、近所の焼肉屋へ。

徒歩十分程度の場所なので、化粧して行くほどのものでもない。

ただ、部屋着から一応着替えた。

店に行く前にかなり悩んだ。

贅沢なのではないか、仕事後に行った方がビールが美味いのではないか。

ただ、仕事後に焼肉屋へ立ち寄った場合、帰宅が遅くなってしまう。

すると翌日の投稿の文章を書く時間が無くなってしまう。

それも嫌だよなと思って、十七時に店に入れる日を選んだ。

たった十分ほどだが、風が心地良く、涼しかった。

来週からまた暑さが戻ってくるようなので、このタイミングで焼肉が食べられるのはとても良いことのように感じた。

 

 

店はガラガラだった。

オープンと同時に行ったから当たり前である。

メニュー表を見ていたら、「さくらレバ刺し」があった。

即座に注文し、瓶ビールと一緒にそれを食べた。

ヤバ、この美味さ半端ない!!!

牛レバーに比べてコリコリしているように感じたが、十分だ。

勿論ごま油を付けて食べた。

その後、牛タンとカルビを注文し、ちびちび食べていた。

するとある異変に気づいた。

瓶ビールは大瓶だったので、全然減らないのである。

どんどん温くなる。

最初から生ビールを注文しておけば良かった。

瓶ビールを飲み干した時点で帰れば良かったのだが、ついつい悪い癖でウイスキーハイボールを頼んでしまった。

濃い!!!

中身も得たいの知れないウイスキー、炭酸が少なめだった。

味はとても美味だったのだが、これ以上は飲めないと思って店を出た。

 

 

帰宅した私は、布団の上に直行。

軽く三十分くらい横になるつもりが、三時間も寝てしまった。

結局慌ててこれを書いているが、朝から仕事。

せっかく休みだったのに、まともに書けなかったことが悔しい。

もしかしたら酒が弱くなったのかも知れない。

いやいや、そんなことはない。

大瓶を一人で空けるのは、結構大変なのかも知れない。

お腹が一杯になったのも相まって、寝てしまったのだろう。

外は涼しいのに、身体は火照ってエアコンを送風にしている。

読みたい本もロクに読めず、何やっていたんだかよくわからないまま私の連休は終わった。

先日の週末もそうだったが、休日の過ごし方について少し考えなければならない。

皆、休日って何やってんだろうね?

時に、誰もが楽しそうに見えることもあるが、独自のスタイルをそれぞれ持っているように思う。

今までを振り返ると、やはり肉体労働している時は、パソコンに向かうか読書だった。

これについては後日、また考えよう。

それにしても瓶ビールとハイボールに負けるとは。

めちゃくちゃ眠たいので、今日はこの辺で。