橋岡蓮 ’s diary

単なる日記でもなければ、単なるエッセイでもない

空元気は毒である

いや~、参ったよ。

持病が悪化して、落ちるだけ落ちた。

だが、仕事から帰ってきてトリスハイボールを飲みながら友達と電話していたら少し良くなった。

持病が悪化するとどうなるかと云うと、被害妄想が半端ない。

ヤバい、ヤバい。

こうして仕事へ行けて、パソコンに向かっているのだからまだマシなのだが。

被害妄想は周囲の人に迷惑を掛ける。

だから質が悪いのだ。

 

 

実は金曜日は仕事なのだが、北海道から父さんが会いに来ることになっている。

北千住で酒を飲む予定だ。

はるばる出てくるのだから、刺身が美味しい居酒屋を予約した。

どうやら刺身がウリの居酒屋らしい。

父さんは日本酒派なので、刺身居酒屋にした。

北海道に住む父さんからすると、関東の魚は大したことないかも知れないが。

実は母さんとは、六月に一緒に旅行へ行って以来一度も口を利いていない。

決定的なことがあったからだ。

いや、お互いに察したのだろう。

近寄らない方がいいと。

それで父さんに会うことになったのだ。

ウチの家庭事情を話すと長いが、上手く行ってはいない。

 

 

しかし、私には家庭環境など関係ない。

知る由もない。

私がくすぶっていることとは、なんら関係のない話だ。

くすぶっていることについては今は悩んでいない。

時期的なものであり、タイミングだと思っているから。

家族に纏わる話でも悩んではいない。

ウチの家族は我関せずだからだ。

そのことについて悲観的になることもない。

金曜日は、ただ、父さんと美味い酒が飲みたいだけだ。

取り敢えず、北千住で美味い居酒屋はないか職場の人に訊きまくった。

ところが、北千住に詳しい人はほとんどいなかった。

だから自分で検索して、良さそうな店を予約した。

店に電話して詳しく話を訊くと、駅から徒歩五分とのことだった。

駅近くの店は、全店予約で埋まっていた。

だから少しばかり離れた店にしたのだ。

ウチの父さんはザックバランな人。

飲み友達にしては最高だ。

しかし、父親としては欠落している。

まぁ、今となってはそんなこともどうだっていいのさ。

それより何より、私のメンタルを立て直すことの方が大切だ。

どうすれば闇から抜け出せるのか、答えが出ない。

いやいや、本当は抜け出したはずなんだ。

だけど、空元気はかえって毒になる。

余計に疲れてしまう。

そんなことしなくたって、止まない雨はないのに。

この場で正直になることにすら、ためらいを感じる。

 

 

中には、私の醜い姿に共感してくれる人がいるかも知れない。

良くも悪くも私って女は、自分に正直になることしかできない人間。

やはり温もりが欲しいのか、心の支えが欲しいのか。

鬼になって自分を立て直してみても、足元を誰かに鷲掴みにされたようにガタガタと崩れ落ちる。

ポキポキと骨が折れる音が聞こえる。

背後からザワザワと風が吹く。

そして一筋の涙が零れる。

しかし、遠くには光が見えている。

光はこっちへおいでと手招きしている。

まるで砂浜の上を裸足で歩いているかのように、足はもつれる。

それでも無我夢中で光にすがりつく。

それが私の生き方かも知れない。

 

 

父さんとは、特に話すことなどない。

他愛もない話をするだけだ。

母さんの悪口は極力言わない。

不毛だからだ。

願わくば、ろっ骨が折れるほど、誰かに抱きしめられたい。

今は、私にとって忍耐の時期なのだろうか。

こんな時、天は何て言うのだろうか。

天は一人で突き進めと言ったはずだ。

それに従う決意も固めたはずだ。

ところが、良くも悪くも天にすら逆らう私がここにいる。

決断とは、する前の方が圧倒的に辛いもの。

してしまえば、身軽になるもの。

わかっているが、なかなか決断しきれない。

これは優柔不断なのだろうか?

いや、なんだかんだ言って寂しいのだろう。

病む前に、自分を認めればいいのに。