橋岡蓮 ’s diary

単なる日記でもなければ、単なるエッセイでもない

全速力で駆け抜ける

最近どんだけでも寝られる私。

一日十時間寝ても、寝足りなさを感じる。

日中も眠たい。

これは痛み止めの副作用かも知れないと感じた私は、痛み止めを飲むのを止めた。

先日の二日酔いがきっかけだ。

確かに胃の痛みは改善されたが、眠い。

スヤスヤ二度寝していたのを早朝から電話で起こされたからだ。

睡魔を吹き飛ばすために、タイマーズを聴いている。

アルコールなしでタイマーズを聴くのは初めてかも知れない。

そりゃそうだ。

人生初の禁酒なのだから。

それにしても、何故今まであんなに浴びるほどの酒を飲んでいたのだろうか。

飲まなきゃ飲まないでいいと云うことは、禁煙もできたりして。

吸えない環境へ行けば、それなりに止められたりして。

タイマーズはそんな私を少しばかり元気にしてくれる。

痛み止めを飲んでいないせいか、左手でマグカップを持つと痛みが走った。

それでも仕事復帰は近づいている。

二度寝できるのもあと数日だ。

 

 

十一月もラストとなってしまった。

私はとあるセミナーに参加する。

十三時から三時間に及ぶ。

だから早めに整骨院を予約してきた。

長時間セミナーなのに参加人数が八名。

何のセミナーかと云うと、ライブ配信をする人向けのセミナーだ。

やるからにはなんでもガチな私としては、勉強しなくちゃね。

とはいえ、私は勉強が嫌い。

本も自分にとって興味があるものしか読まない。

ほとんどニュースも観ない。

その代わり、自分研究家である。

自分が書いた本や投稿は何回でも読む。

インスタライブのアーカイブも何回も観て、反省会をしている。

前々から言っているように、私がしたいことは自己表現だからだ。

偉くなんてなりたくないよ。

だけど、地上でせせこましく生きるのは嫌で嫌で、やはり大空を飛んでいたいかな。

誰かを追いかけるとか待つなんてことは真っ平御免だね。

お前が追いかけろや!って感じ。

 

 

ヴェルヴェットアンダーグラウンドのライブに切り替えた。

そもそもだ。

自分が弱っているからって私に優しくされたいなどと考えている男は甘い。

ソイツのために「敢えて」冷たくしているのがわからんかね?

わからんのだろうよ、これが。

いつまでもウダウダしているヤツに対してはこう言う。

 

「一生やってろよ!」

 

ってね。

人間はそれぞれ歩く速度が違う。

私などは一ヶ月前と今では別人のようなことも多々ある。

傷つくのも、それをバネにするのも一瞬だからだ。

勿論、見限るのも早い。

コイツはダメだと思ったら、全速力でソイツから去る。

そして涼しい顔をして再び空を飛ぶ。

未練など、私の辞書にはない。

あるとすれば、ほとぼり冷めた後の大らかな心。

ちゃんと許す心は持っている。

因みにコイツはダメだと思う瞬間とは何か?

既婚者で離婚する気もないのに、嫁と別れるから一緒になりたいなどと言う人。

独身なのはいいが、私の弱みにつけ込んで束縛しようとする人。

私のピースフル精神を邪魔して、お前は騙されているなどと言って脅す人。

ポジティブさに妬けるのか、ネガティブゾーンに引きずり込もうとするエナジーバンパイア。

ね?ダメでしょう。

ウンザリなので、それなら一人で自由を謳歌している方がよっぽどマシだと思っている昨今。

知識を押し付けてくる人も嫌だねぇ。

ではどんな人がいいかって、私みたいな男。

優雅に大空を飛んでいるようなスケールのデカい男。

そう簡単にはいないけどね。

射手座の女は冒険大好きだから、未知なるものを探すことは大の得意。

その手の話が聴きたい人は蓮’sハウスのVIPルームか別宅で。

好奇心旺盛な女性諸君もウェルカムって話。

師走は全速力で駆け抜けてしまえ。

人生初の酒無し正月は、ひたすら一人パソコンに向かう。

ニコニコ顔で、文章書くから待ってろよ!