橋岡蓮 ’s diary

単なる日記でもなければ、単なるエッセイでもない

公私混同か?

まさかのまさか、利用者さんの中に作家志望の方がいらっしゃった。

意気投合して、話が盛り上がってしまった。

波乱万丈な人生を一冊の本にしたいそうだ。

半身麻痺で車椅子生活を余儀なくされているものの、とても美人で素敵な女性だ。

そして常に本を持ち歩き、合間を縫って本を読んでいる。

 

「私、群像文学新人賞に応募したんですよ。半生を書いて」

 

利用者さんは、ハッとした様子でこう答えた。

 

「ラジオでもやってたわよ!私も半生書きたいけど、恥ずかしい話ばかりで」

 

頬を赤らめて下を見ながらそう言った。

 

「私なんて恥ずかしいことだらけだったけど、新人賞を取るためにさらけ出しちゃいましたよ」

「でもね、友達に言ったら私の人生は本にしたら絶対に売れるって云うのよ。だけどどうやって書けばいいのか」

 

ヤバい、一から十まで教えてあげたい!

だけど私は一介護職員。

利用者さんのプライベートに入ることはタブーとされている。

困っている利用者さんを放っておくのは辛いことである。

せめて相談相手くらいにならなってもいいのだろうか?

もしかして私、越えてはならない境界線に踏み込んでしまったのだろうか?

利用者さんは本を出したくて仕方がない人。

辛うじて、私が本を書いていることは言わなかった。

だって、読みたい気持ちを煽ることになってしまうだろ?

利用者さんだって、自叙伝が書きたいわけだから。

やれやれ、通りで気が合うと思っていたのだが作家志望だったのね。

益々、新人賞を取るまではこの職場を離れてはならないと思った。

 

 

なんかさ、使命感みたいなものが沸々と湧き起こるのよ。

車椅子生活を余儀なくされた、体の不自由な利用者さん。

自叙伝が書きたいと思っていて、それが生き甲斐に繋がるとわかった私は、一体どうすればいいのよ。

きっとこの利用者さん、自叙伝を書くことによって生き生きすると思う。

編集や校正なら私がしてあげるのに。

うわぁ~、一緒に本の制作がしたいよ。

でもそれは、一介護職員としては許されざることなのだろうか。

先輩に相談してみようかなぁ。

きっと「公私混同」と言われるだろう。

 

 

利用者さんは私以上に波乱万丈な人生を歩んでいるようだ。

結婚してみたら、旦那様が同性愛者だったとか。

全く抱いてくれなかったとか赤裸々に語ってくれたので、私も自分の結婚時代のことを事細かく語って笑い合っていた。

この出会いを運命と呼ばずして、何て言う?

いやいや、参ったよ。

放っておけないでしょう?

それとも天は私に無視をしろと言うのか。

一介護職員というのも辛い立場だ。

何とかして、お力になれないものか。

 

 

私ってヤツは、お節介なのだろうか?

それとも放っておけないだけだろうか?

 

 

もしかしたら執着か?

利用者さんへの愛が暴走しているだけに過ぎないのか?

私はあまり人間関係で深入りしたり執着したりすることはない。

だから悩みは少ない方なのだが、意気投合して仲良くなりすぎてしまうこともある。

それは男女問わずである。

なんだか一介護職員のクセに、利用者さんの人生を左右するなんて責任だけでなく、罪悪感さえ芽生えてきた。

群像文学新人賞のことなど、言うべきではなかったのかも知れない。

しかし、言ってしまったということが結果である。

もう後には引けないのだ。

それかこの話はなかったことにしてしまうかだ。

一介護職員として、訊かれるまでは会話にしないこと。

それしかないような気もしてきた。

ただ、私はこの利用者さんにとって爆弾を抱えていることに違いはない。

傷つけないようにしなければならない。

ただし、生き甲斐を持ってもらいたい。

あぁ、私ってどうすれば良いのかしら。

しばらくは様子を見ることにする。

もしくは、立場上、何もしてあげられない旨を伝えるしかないかな?

一介護職員として、こういうところが経験のなさなのだろう。