橋岡蓮 ’s diary

単なる日記でもなければ、単なるエッセイでもない

孤独な連休は要らない

祝日はリハビリセンターはお休みなので、昼まで寝ていた。 無理矢理起きて、ツナマヨおにぎりを食べて、洗濯して、とにかくダラダラしていた。 今、ちょうどビールを冷凍庫で冷やしている最中だ。 ビールでも飲みながら、今日はのんびりと書こうと思っている…

人生に無駄無し!

ヤバ! またしても時間がない。 早く寝なけりゃ、また朝起きれない。 日付けが変わる前には何としてでも寝たい。 書き終わるかしら? マジでヤバい。 実は都内で打ち合わせだったのだ。 夕方に帰ってきたのに気づいたら恐ろしい時間帯に突入している。 こう…

後悔はないのかい?

冷蔵庫に二日間寝かせたビールのために直帰したと言っても過言ではない。 キンキンに冷えたそれは、五臓六腑に染み渡る。 八時間労働に感謝したくなるくらいの美味さ。 身体がリセットされて行くのがわかる。 煙草を吸って落ち着いたところで、パソコンに向…

本物の仲間を!

職場の最寄り駅前にある「しまむら」で靴下を六枚買った。 仕事用、というかスニーカー用の靴下。 プーマが欲しかったのだが高かったので、ブランドにこだわらないことにした。 浮いた五百円玉を握りしめ、私というヤツは「日高屋」に入った。 喉がカラカラ…

闇から残された道へ

先日の続きのようになってしまうかも知れない。 私にも死にたいと思ったことは何度かあるような気がした。 三十代は孤独との闘いだった。 見知らぬ土地である富山県にたった一人でいたこともあって、友達や彼氏ができなかった。 いつも頭の中では、一体何の…

集大成を作り出す

ちくしょう、また寝てしまった。 仕事から帰ってきて、なんだかんだして、横になったら三時間爆睡していた。 だって、疲れていたんだもん。 たった十五分ほど横になったら疲れが取れると思ったのだ。 まさか今日も爆睡するなんて。 帰ってきて、缶ビールを空…

敗因

わーい!!! 臨時収入が入ったので、近所の焼肉屋へ。 徒歩十分程度の場所なので、化粧して行くほどのものでもない。 ただ、部屋着から一応着替えた。 店に行く前にかなり悩んだ。 贅沢なのではないか、仕事後に行った方がビールが美味いのではないか。 た…

準備して、いざ頂上へ

休みの日は頭の中までオフなんかい? とろろぶっかけ豆腐そうめんを食べながらビールを飲んだら眠たくなってきた。 仕方がないから赤ワインを注ぎ、ルーリードの『トランスフォーマー』を聴いている。 特に何かしたわけではないのに、なんだかグッタリしてい…

最高のパフォーマンス

ホームページ制作を行っていたら、一本の電話が鳴った。 勤め先の担当者からだった。 「お仕事順調ですか?何かお困りのことはないですか?」 キター-------!!! こちらとしては大人しく忍耐していたつもりだが、向こうからチャンスが舞い込んでき…

経験から耐え忍ぶ

疲れてはいるのだが、やはり少しだけ疲労が軽減されているようだ。 当初のような死ぬほどの疲れではない。 うだるような熱帯夜。 日中は灼熱地獄。 これもあと少しの辛抱だろう。 職場のリハビリセンターでは、介護のプロフェッショナルになるように命じられ…

移りゆくステージ

あれ? 疲労感がいつもの半分くらい。 あんなに暑かったのに。 もしかして、私って慣れてきたのか? 決して手を抜いたわけではない。 朝から送迎に出掛け、うろ覚えの道を運転し、車椅子を送迎車に乗せ、病院に着いたら即行で入浴介助。 左半身麻痺の利用者…

越えられない壁はない

暇だったのにグダグダしていて、結局いつもの時間になって慌ててこれを書いている。 家の中にいたのでよくわからなかったが、パソコンの温度計を見たら三十五℃だった。 十九時になっても下がらないので、もういいやと思ってコンビニへ行った。 流石に陽射し…

一人でいても心強い

貴重な土日休み。 予定がなくて退屈は退屈だったのだが、本の発送手配で郵便局まで歩いてゾッとした。 この暑さは半端ではない。 仕事が休みで本当に良かったと思ってしまった。 せっかくだから昼寝でもしようかと思ったが、横になっても全く眠れず。 『satu…

苦労を苦労と思わない

疲れているせいか書いては消してを繰り返している。 もう寝る時間なので、足早に書きたいところ。 しかし、久々の連休なので真剣に書こう。 こりゃ、根性だな。 そんなことを言うと、笑う人がいる。 以前こう言われたことがある。 「蓮さんは苦労慣れしてし…

体得したもん勝ち!

仕事帰りドラッグストアとスーパーに寄った。 洗濯剤や歯磨き粉などを買った。 とても暑い一日だったので、案の定バテバテ。 スーパーへ行ったのだが、選ぶ時間が勿体無くて「七種類の栄養が摂れる鮭弁当」を買った。 帰ってきて蓋を開けてみると、苦手なか…

恐怖に打ち勝つ!

あまりにも暑すぎて倒れる寸前だったが、やるべきことを終えて帰宅した。 私用で外出していたのだが、草加市から川口市へ移動した。 川口市は以前住んでいた街。 ビールでも飲みに居酒屋へ寄り道したかったのだが、暑すぎて直行直帰。 やっとの想いで帰宅し…

孤独を選ばない

なんだか麻痺しちゃって、涼しく感じてしまった。 それなのにバタクソ疲れた。 ヤバ、この疲れはヤバいぞ。 あまりにも疲れているので、チバユウスケのめちゃめちゃカッコいいロックを聴きながらチビチビと赤ワインを飲んでいる。 疲れすぎて思考回路がおか…

生き延びる唯一の方法

暑さとハードワークでクタクタのバテバテ。 しかし、帰宅して夕飯を済ませ、パソコンに向かうとこの上ない幸せを感じることができる。 寝るまでにあと一時間くらいしか時間がないのだが、この生活は悪くない。 ただ、通勤中思うことがある。 この夏さえ乗り…

本当は器用かも

先日、私は不器用だと書いたが、よくよく考えるとあながちそうでもないような気がしてきた。 不器用な人間は、自分の思っていることを口にできないそうだ。 私は文章で、毎日毎日ベラベラと心の中を綴っている。 それって不器用な人間のやることか? え?も…

不器用な生き方

リハビリセンターでの仕事に不慣れな私にとって、三連勤はしんどかった。 めちゃくちゃ暑かったし、めちゃくちゃバテた。 ところが多くのことを教えて頂き、学んだ。 車の運転や、車椅子の操縦、入浴介助などだ。 一皮剝けたような感じがした。 クタクタだっ…

フラれやすい男

前日より疲れがなく体調が良かったので、念願のイオンへ行ってきた。 あまりの安さに驚き、三日分程度の食糧品を買い占めた。 ワインも買ったのにお会計が二千円行かなかった。 なんという安さ。 豆腐、納豆、めかぶ、ささみ、サラダなどを買ってリュックに…

一人立ちに向けて

いい職場、皆が優しい職場といえども、段々と厳しくなってくるのは世の常である。 我がリハビリセンターの先輩達も、なんとか私を一人立ちさせようと必死である。 口調が荒げることもさることながら、実践で覚えさせようと、次から次へと叩き込まれる。 スパ…

心の変化

リハビリセンターで労働をしていて思うことがある。 仕事へ行くたびに身体はガタガタになるのだが、やはり汗水垂らして働くことで心も身体も健やかになるということだ。 そもそも、リハビリセンターの仕事を始めなかったら私は酒を控えたりしなかっただろう…

信じるとは

何が正しくて何が間違っているのかわからない世の中ではある。 しかし、全てのことを疑ってかかるのは如何なものかというのが私の考え。 勿論、金銭が発生するようなものでは疑ってかかった方がいいかも知れない。 人間関係においてはどうだろうか。 私はあ…

不健康がロックじゃない

ロックじゃないよ蓮さん!!! そう怒られるかも知れないが、仕事がある日は酒を控えて養命酒を飲むことにした。 トライしてまだ一日目。 効果はわからない。 しかし、最近飲み過ぎないようにしているので、胃腸の調子が良いかも。 今のところ吹き出物が落ち…

妥協しないということ

我が儘な自由人にあるある話かも知れないが、束縛されることは嫌なのに放っておかれると物足りない。 そういう経験があるのは私だけではないのでは? よく女友達と話をするのだが「付き合っている感」は大事だと思っている。 決して恋愛ごっこがしたいわけで…

孤独を感じる瞬間

日本の教育は個性よりも協調性を重要視している。 だから、私みたいなヤツは、ことごとく反対され、打たれるのである。 皆一緒、ではなく、私オンリーの生き方考え方を貫こうとするからだ。 反対意見など、私にとって眼中にないのだが、親しい人から反対され…

夢、叶うといいな

ヤバい、寝る時間になっちゃった! ゴメン、急いでこれを書く。 何をしていたわけでもないのだが、めちゃくちゃ疲れている。 大したことはしていないのに、こんなに疲れていていいのだろうか。 もう身体がバテバテのクタクタ。 仕事中も疲労感が抜けなかった…

全てのジャンルの方へ

実は上野へ行っていた。 打ち合わせを兼ねて、私の話を色々聴いてもらっていたのだ。 上野は雨。 サンダルで行ったので、めちゃくちゃ歩きにくかった。 普段だったら寄り道をして帰るのに、直行直帰した。 何故なら、酒を飲んだら疲れるからだ。 朝起きるの…

金は精神安定剤!

ミッシェルガンエレファントを聴きながらこれを書いている。 目玉焼きとウインナーで腹ごしらえをしたところだ。 チバユウスケの夢を見て、ちょっとハッピーになっている。 スタジオに呼ばれる夢だった。 「キミの小説『ロックンローラー』読んだよ!」 そう…