橋岡蓮 ’s diary

単なる日記でもなければ、単なるエッセイでもない

低迷期を抜けて

やはり親子である。

というよりは、道産子魂を感じ取った一日でもあった。

まずは、父さんの飲みっぷりの凄さ。

ランチに北千住の回転寿司へ行ったのだが、ビールジョッキの後、日本酒を二合ペロリと平らげていた。

たらふく寿司を食べた後、買い物へ。

アメ横まで足を延ばした。

やはり私の酒好きは、父さん譲りであった。

恐るべし、酒の強さ。

七十代とは思えなかった。

早めの夜ご飯は、居酒屋へ。

北千住で一番有名な店に入った。

ところが、酒も食べ物も大したことなく、なぜその店が流行っているのかさっぱりわからなかった。

店を変えようか?と訊いてみたが、面倒臭いからこのままで良いと言っていた。

そういうところも、やはり親子だなと思った。

私は父さんと別れてから自宅でセミナーがあったので、あまり飲まなかった。

それなのに、やはり少々酔っていたようだ。

私の目に飛び込んできたのはこれ。

 

「札幌味噌ラーメン」

 

この文字に釣られ、店内に入ってしまった。

そこで出てきたラーメンのなんと不味いこと。

全くお腹が空いていないのに、酔った勢いで嫌々平らげた。

死ぬほど、腹が苦しい状態で帰宅。

今も尚、胃がもたれている。

腹をさすりながらパソコンに向かってこれを書いている。

 

 

それにしても、クタクタだ。

最近ワインを飲んで寝てしまうパターンが多いので、今日は飲まないぞ。

あまりにもクタクタだから、飲まなくても眠れそうだ。

約二年振りに父さんに会ったのだが、変わった様子はなく、むしろ若返ったように見えた。

身体に悪いところも全くないそうだ。

ザルのように酒を飲む父さんだが、肝臓も問題ないとのこと。

なんだか私も七十歳まで生きられそうな予感がした。

父さんと一日過ごしてみて、父さんとの時間は気楽だなと思った。

私に色々気を遣ってくれて、買い物も楽しむことができた。

六月は父さんの誕生日なので、何を買おうか検討中だ。

 

 

父さんとしては、私に対する心配は「ゼロ」だそうだ。

にっちもさっちも行かなくなったら、北海道へ帰ってこいと。

それまでは好きなだけここにいろ!とのことだった。

だから私は納得がいくまで一人で頑張ろうと思う。

離婚したことも、良かったと言ってくれていた。

細かいことは、父さんの心配には及ばないようだ。

母さんは、食生活のことなど、色々心配してくれているが、父さんはある意味腹が据わっている。

その姿勢は、私としては心強いものがあった。

世の中には帰る場所がない人が大勢いる中で、私にはそれがあるということが贅沢だよなと感じた。

父さんも元気そうなので、また一緒に酒を飲むこともできるだろう。

私も元気でいなくては、そう思った。

 

 

親子が十年以上ぶりに再会し、こうして酒を楽しめるようになったのは、私の運命がいい方向へ向かっている証である。

約四十年間の闇は一体何だったのかと思うほど、パーッと晴れてきた。

一つ一つ物事が好転しているのが、自分でもわかる。

私は歳を取ったが、親が元気であるというのは本当にありがたい。

最大の味方がちゃんと健在であるという安心感は、私を益々強気にさせてくれる。

まだまだ何かにチャレンジしても許されるような、そんな気がした。

ロックンローラー』は発売したばかり。

まだ全ての方にお送りできていないが、読破した方から感想を戴いている。

もっと言うならば、やはり『ロックンローラー』を書き切ったことで、更に私の運命は良くなっているのだろう。

実は、私は来年からしばらくの間、好運期に入る。

活動を始めた中で、この三、四年間は低迷期だったため、非常に苦しい想いをした。

たった一つ言えることは、それでも活動を止めなかったこと。

それが大きな力となって、これから更に伸びて行くことだろう。

両親に笑って報告ができるように、益々頑張ろうと思うことができた。

自宅では、酒を控えなくちゃね。